メンテナンス事例ご紹介
フェアレディ2000

ダットサンスポーツとして1959年にデビューしたフェアレディ。メンテナンスしているのは、1967年3月に登場したSR 311(フェアレディ2000)です。エンジンのメンテナンス、マフラーやサスペンションなどの交換をしています。
交換するパーツは国内外を問わず探しますが、ワイパーは見つからなかったためワタナベファクトリーで制作しています。

メンテナンス内容

画像クリックで写真を拡大表示します。

  • 点火プラグの点検
  • ボディの腐食点検
  • 電気周りと内装の点検
  • フロントディスクローターのガターや厚みの点検
  • エンブレムの輝き点検
  • 下回り全体の点検
  • フロントショックアブソーバーの点検
  • リアショックアブソーバーの点検
  • サイレンサーの点検。腐食があったため、社外製に交換
  • サイレンサーの点検。腐食があったため、社外製に交換
  • ステアリングのガターやぐらつきの点検
  • ワイパーアーム。パーツが無いため製作中
  • 各メッキ点検
  • フューエルキャップの密閉テスト
  • オーディオシステムの点検+ギアの位置確認
  • シートのダメージ点検
  • フェンダーミラーの取り付け確認
クラシックカーの整備・点検・レストアなら、WATANABE FACTORY にお任せください
052-872-3811
メールでのお問い合わせ

どの様なことでも、お気軽にご相談ください

Recruit

WATANABEファクトリーでは
クラシックカーメンテナンスの
技術伝承に取り組んでいます。

募集要項
Watanabeファクトリー中古車一覧WATANABEファクトリーの中古車一覧はこちら